ブログ

光のみち いのちと祈りの人類遺産 (by Miro Ito)

メディアアートリーグでは「いのちと祈りの人類遺産」をテーマに、写真作品、映像作品、出版物などの制作と発表を中心とする、文化芸術活動を行っています。

これまでにNY公立図書館などの世界的な図書館をはじめ、日本カメラ財団や大学などの教育機関ほか、公共性の高い国際機関への成果物の寄贈を通して、文化芸術の国際交流と共有活動を行っています。

最近では、2016年にNY国連本部で始まった展覧会「光と希望のみち (Road of Light and Hope) 」を世界巡回展として、ウズベキスタン芸術アカデミー、欧州評議会・欧州の広場(ストラスブール)を経て、2017年には、トロント国際交流基金や在シカゴ日本国総領事館広報文化センターで展示してまいりました。2018年は、7月にブラジル日系移民110周年を記念して、リオデジャネイロの「日本月間」で開催(リオデジャネイロ郵便文化センター)、11月にはメキシコ国立多文化博物館(日墨外交関係樹立130周年)にて開かれる予定です。

メディアアートリーグ代表であるフォトアーティスト・映像作家、著述家・文化芸術プロデューサーの伊藤みろによる当ブログでは、シルクロード伝来の「いのちと祈りの人類遺産」を通して伝える「共栄共存」と「心の連帯」へのメッセージが、いま世界にとっていかに大切か、未来へと紡いでいきたい時空を超えた哲学と思いを紹介します。

※このブログの内容は、これまでのブログThe Medium is the message メディアとはメッセージ by Miro Ito (http://blog.goo.ne.jp/miroito)」にも転載されています。ご興味のある方は、これまでのブログ記事も併せてご高覧くださいませ。